2019年10月24日

技と造形の縄文世界 〜7〜

令和元年9月7日(土)〜11月4日(日)の会期で、秋季企画展『技と造形の縄文世界−形と文様にみる美の心−』を開催しています。
縄文文化の「技と造形」をテーマに、類なき造形世界≠ご覧いただきます。
企画展をより楽しんでいただくために、なじょむ&もんたが見どころを解説します!(全7回)


ヒトガタにみる心象世界 −多彩な粘土造形−

土偶は、縄文時代を代表する道具≠フ一つです。
しかし、私たちにはそれをどのように使っていたのか明確には分かりません。
出現当初の土偶は、頭(顔)や四肢が表現されず、最低限の表現でヒトガタをなしています。また土偶の多くは女性を表わした粘土像だと推定されています。
ヒトガタにみる心象世界1.JPG
土偶は、縄文時代約1万年の間、また弥生時代に入っても使われ続けます。
多様な造形原理と技術をもって作られた土偶は、様々な形態で表現されています。

縄文時代前期までは、顔や四肢を明確に表現せず、側面板状で薄く、胴体(トルソー)のみで構成される土偶が作られます。
ヒトガタにみる心象世界3.JPG
ヒトガタとしての表現を省略しているような土偶は縄文時代を通して認められ、特に縄文時代中期の信濃川流域の三角形土偶が顕著です。

縄文時代中期の中部高地にはポーズ土偶≠ニ呼ばれる一群が認められます。
ヒトガタにみる心象世界4.JPG
このポーズ土偶は壺を持つ%ョ作や行為を表現しています。

新潟県では、それを省略したような形の土偶が存在します。
ヒトガタにみる心象世界5.JPG

縄文時代中期初頭には津南町を中心に、体内を空洞づくりにする中空土偶≠ェ出現します。
ヒトガタにみる心象世界6.JPG
体内を空洞にする意味については、受胎や出産等と関連して胎内≠ェ意識されていたとも考えられています。
かつては内部に粘土塊を詰め、それで胎児を象徴させていたのかもしれません。

縄文時代中期前葉以降には、立像土偶が展開します。
ヒトガタにみる心象世界7.JPG
新潟県域では、およそ長岡市を境にして、北側に無脚土偶、南側の魚沼地方や上越地方には有脚土偶が認められます。
これは、土偶の造形が一様ではないことの証左でもあり、使われ方とも関わっていたと推測できます。

顔面の表現も様々で、ヒトに近いもの、ヒトからかけ離れているものなど、その種類は様々です。
ヒトガタにみる心象世界8.JPG

縄文時代晩期には、著名な遮光器土偶が新潟にも展開します。
ヒトガタにみる心象世界9.JPG
特に阿賀野市 石船戸遺跡のものは優品ですが、東北地方以外で出土する遮光器土偶は模倣されていることが多いです。
ヒトガタにみる心象世界10.JPG

弥生時代に近くなると土偶は使われ方が変わり、お墓に埋葬されるようになります。
ヒトガタにみる心象世界11.JPG

弥生時代にはさらに形を変えて、土偶が容器(納骨器)に転じます。
ヒトガタにみる心象世界12.JPG

(全7回おわり)

今回で秋季企画展の解説は終わりです。
秋季企画展「技と造形の縄文世界−形と文様にみる美の心−」は、11月4日までです。
写真では伝えきれない「縄文の技と造形」を、ぜひお越しいただいてご覧ください。
お待ちしております。


posted by なじょもん at 10:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: