2019年10月16日

技と造形の縄文世界 〜4〜

令和元年9月7日(土)〜11月4日(日)の会期で、秋季企画展『技と造形の縄文世界−形と文様にみる美の心−』を開催しています。
縄文文化の「技と造形」をテーマに、類なき造形世界≠ご覧いただきます。
企画展をより楽しんでいただくために、なじょむ&もんたが見どころを解説します!(全7回)

異素材の融合 −石と土の協演−

縄文時代の人々は、様々な素材を用いて、多様な道具を作り出していました。
異素材の融合1.JPG
しかし、植物や動物などの有機質製素材は土中で分解され溶けてしまうため、私たちが主に目にすることができる素材は粘土と岩石です。

縄文時代の人々は、粘土と岩石という性質の異なる素材で、同じ形の道具を作り出していました。その中で特に顕著なのは三角≠フ道具です。
異素材の融合2.JPG
三脚状の石製品や土製品、人体状の表現を取り入れた三角形土偶や三角形岩偶などがあります。

三角柱状の土製品や石製品もあります。
異素材の融合3.JPG
これらから、三角という形が当時の世界観の中で大きな意味を持っていたと推測できます。

その他にも、「石棒と土棒」、「土偶と岩偶」、「石冠と土冠」、「土版と岩版」とそれぞれ対称的に存在します。
異素材の融合.JPG
木製品や骨角製品もあった可能性があり、多様な素材を利用して造形していたと考えられます。

これらが何に使われていたのか、なぜ異なる素材で同じ形の道具を作り出していたのかは、大きな謎です。

(5に続く)


posted by なじょもん at 09:15 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: