2018年10月19日

火焔土器の魅力 〜5〜

平成30年9月1日(土)〜11月4日(日)の会期で、秋季企画展「火焔土器の魅力」を開催しています。火焔型土器をテーマに、津南町および他地域の土器など300点以上をご覧いただきます。
企画展をもっと楽しんでいただけるように、なじょむ&もんたが見どころを解説します!
(全6回)


旅する“火焔土器”part3-会津を抜けて、関東北部へ-


阿賀野川を上流に遡り、火焔土器は東漸します。会津地方でつくられた火焔土器は、その地域の土器づくりと融合しながら、地域独自のものをつくり上げます。火焔土器の魅力5-1.JPG

猪苗代湖から奥羽山脈を越えて、阿武隈川が流れる中通り地域では、客体的ではあるもののより南側に火炎系土器が在地の土器と共に出土します。
火焔土器の魅力5-2.JPG

中通り地域から関東北東部へ進むと、さらに客体的で変容した火炎系土器が出土します。
火焔土器の魅力5-3.JPG

関東北西部には、火炎系土器もほぼ見られなくなります。
火焔土器の魅力5-4.JPG

(次回につづく)


<なじょむに質問>
気になる形の土器はありましたか?

村上市高平遺跡の環状注口土器.JPG
なじょむ 「村上市高平遺跡の環状注口土器は、どんな風に使ったのか気になるね」


posted by なじょもん at 10:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: