2018年04月10日

日本一大きい火焔型土器

日本で一番大きい火焔型土器は、津南町の堂尻手遺跡の火焔型土器です。
高さが61cmもあります。
王冠型土器も堂尻手遺跡から出土したものが最大で、高さが52cmあります。
この2つの土器は、「なじょもん」に展示されているんですよ!
道尻手遺跡の火焔型土器(左)と王冠型土器(右).jpg

館内の整理室には、本物の土器に触れるコーナーもあります。
縄文人が作った本物の土器の重さや質感を感じながら、記念写真はどうでしょうか?
触れる土器201802.JPG

展示物の説明もできますので、お気軽に職員にお声がけください。
(学芸員が遺跡の発掘調査などで不在の場合は、ご希望に添えないことがあります。)


posted by なじょもん at 13:22 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: