2018年10月05日

火焔土器の魅力 〜3〜

平成30年9月1日(土)〜11月4日(日)の会期で、秋季企画展「火焔土器の魅力」を開催しています。火焔型土器をテーマに、津南町および他地域の土器など300点以上をご覧いただきます。
企画展をもっと楽しんでいただけるように、なじょむ&もんたが見どころを解説します!
(全6回)


旅する“火焔土器”part1-北陸篇-

 信濃川流域に分布する“火焔土器”は、北へ、西へ、東へと旅をします。今回は西への波及を紹介します。上越・糸魚川地域では、信濃川流域の土器文化ではなく、北陸地方の土器文化が展開します。
火焔土器の魅力3-3.JPG

糸魚川市長者ヶ原遺跡では、変容した火焔型土器が出土しています。
火焔土器の魅力3-1.JPG

さらに西の富山県でも、火焔型土器の関連資料が客体的に認められます。火焔土器の魅力3-2.JPG

このように、他地域に進出して変容した火焔土器を、「火炎系土器」と呼んでいます。

(次回につづく)


<なじょむ&もんたに質問>
企画展の土器の中から、気に入った文様を教えてください。

文様なじょむ.JPG
なじょむ 「山形県台ノ上遺跡の土器には、ロマンを感じるね」

文様もんた.JPG
もんた 「上越市山屋敷T遺跡の土器のキレイな渦巻きにうっとり」


posted by なじょもん at 10:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする